個人の場合、お金を借りるなら銀行から借りた方が無難です。理由はいくつもあげることができます。
先ず第一に、利率の点で銀行に軍配があがります。それは、消費者金融と銀行では利率が基本的に異るということです。同じ10万円のお金を借りるにしても、支払う利息に違いがありますから、銀行を選択すべきです。ただし、消費者金融の場合、30日間は無利息などのキャンペーンを行っている場合があります。この期間内に絶対に返済し、二度と利用しないという条件がつけば、答えは違ってきます。企業の場合であっても、一般論としてお金を借りるなら、銀行ということになります。
第二の理由として、銀行はさまざまなサービスを提供しています。子どもが名門私立大学へ入学するため200万円を借りたとします。このご子息が出世して家を建てる際など、銀行はこれまでの返済実績を勘案し、有利な利息で住宅ローンなどを用意してくれます。こういった複合的な関係からも、お金を借りるなら銀行と言えます。
また、銀行の場合、身の丈にあったお金しか貸してくれません。それは、返済が滞った場合などお互いが不利益を被るのを避けるためであり、両者の関係を慮った結果と言えます。これは銀行の信用力・社会性・公益性が十分に滲み出ているものであり、お金を借りるなら、計画性という観点からも、やはり銀行と思われます。
最後に、銀行はお金を預けるところでもあり、各種金融サービスを総合通帳で一元管理することが可能です。一時的に借りるだけであっても、お金に絡んだ出来事は一生涯続くものです。メインバンクを持つという視点からも、お金を借りるなら銀行に、そして貯まったお金も銀行に、公共料金の支払いも銀行にと、効率性を重視することが大切だと考えられます。
お金を借りる方法まとめ|リアルに借りるのにおすすめはコレ!はこちら