銀行でキャッシングするには銀行が規定する審査に通過しなくてはいけません。銀行が指定した申請書に必要事項を記載します。必要事項の記載漏れがないかどうかを確認したら、銀行は信用情報登録機関に信用情報を照会します。銀行が入手した信用情報の中に遅延や延滞の情報がある場合には融資が拒否されます。信用情報の審査に通過したら職場に在籍確認の電話が入る場合があります。申請書に記載された情報に誤りがないかどうか確認するのと同時に、支払い能力があるかどうかを確認します。在籍確認の際に本人が出るのが1番ではありますが、本人が電話に出なかった場合でも外出していたり休みなのが確認できれば良いとされています。万が一職場への在籍確認が取れない場合には、支払い能力がないのと申請書に虚偽記載をする信用が置けない人と判断し融資が拒否されます。これらの過程をへて一定の評価を得る事が出来た人のみが融資を受ける事ができます。
銀行でキャッシングをする際に注意する事があります。契約時に客と銀行で支払い金額と支払い締約日を決定します。万が一支払い締約日に決まった額を支払う事が出来ない場合には利用限度額が下げられる場合があります。どうしても支払う事が出来ない場合には銀行のカスタマーセンターに電話をする必要があります。電話をすると利用限度額の減少が最小限になるのと同時に、二回目の引き落とし日の段取りをしてもらえます。全て無視すると強制解約となります。
http://xn--lckdj1a6g0gne4c.com/